MENU

食してみるとすごくコクのあるワタリガニの旬と言えば

スーパーなどに並んでいることがあった時には、考察すると把握出来ると思います。味付けなどなくてもかぶりついても楽しめる花咲ガニというのは、大まかに切って、味噌汁にするのもいけます。あの北海道では、カニ入りの味噌汁は「鉄砲汁」と呼ばれています。毛ガニを選ぶならやっぱり北海道です。水揚されたものを直送してくれる活きのいい毛ガニを、通販で手に入れてほおばるのが、この冬ならではの楽しみ、そういう人も多いということがいえるのではないでしょうか。

 

食してみるとすごくコクのあるワタリガニの旬と言えば、水温が落ち込む秋後半から夏前までだと教えてもらいました。この数か月のメスは更に旨いので、お歳暮などの差し上げ品に使われます。現状注目を浴びていて上質なワタリガニである事から、手軽なカニ通販などでも注文が増大して、日本の所々で口に運ぶことが望めるようになってきたと言えます。

 

わざわざ出かけなくても鮮度の高いズワイガニをお取り寄せできるとは便利ですね。通販のオンラインショップによれば、他店舗より割安でお取り寄せできることがたくさんあります。かのタラバガニがたじたじとなるほどの食べ応えと、タラバよりもこってりとした味を得たい方には格別満足していただけるのが、あの北海道は根室で獲れることで有名な新鮮な花咲ガニなんです。

 

「日本海産は良質」、「日本海産は味が違う」という思いは否定できませんが、観光客が集まるカナダの沿岸海域、1月から2月は漁が出来ないオホーツク海、一攫千金を狙う人が行くベーリング海も、ズワイガニにしてみては「増殖しやすい区域」となっているのだ。大きな身が楽しいタラバガニとはいえ、味は少しだけ淡白なところがあるので、現状のまま湯がいて味わった時に比べ、カニ鍋に調理して頂いた方が美味しいと有名です。

 

別名「がざみ」と呼ばれている活きの良いワタリガニは非常に上手に泳ぐことが知られていて、シーズンによっては居場所をチェンジします。水温が低くなると甲羅が強力になり、身の入る11月から5月頃までが真っ盛りだと言われます。ワタリガニと来れば、甲羅が強くてずっしりくるものが分別するための大切な点。煮てみても美味しいが、焼いたりほっこりの蒸しでも最高。

 

風味が強い身は冬に最適のチゲ鍋などにおすすめでしょう。活き毛ガニについては、間接的ではなく獲れる現場へ向かい、ふるいにかけて、それから仕入れるものなので、費用や時間が馬鹿にできません。それだから、通販のお店で活き毛ガニがある、ということはほぼありません。

 

かにの知識は、種類やパーツの情報を発信している通販のサイトも閲覧できるので、冬の味覚タラバガニの形態などについてさらに認知するためにも、そういう詳細を有効に活用するのも良いと思います。大体、カニとなりますと身の部分を口に入れることをイメージしてしまいますが、ワタリガニであれば爪や足の身だけではなく、多量の肩の身やカニミソを食べますが、殊に独特のメスの卵巣は晩品です。